トップページ > 中野庵 蕎麦&うどん >  社交ダンス(ペアダンス)のいろいろ

 社交ダンス(ペアダンス)のいろいろ


image_pdfimage_print

ダンスは多くの種類がありますが、一般的に日本で踊られている社交ダンスを紹介します。

パーティーダンス

①ルンバ(スクエア又はボックスルンバ)

②マンボ

③ブルース

④ジルバ

パーティーダンスは初めての方にもすぐに覚えられる、簡単なステップで構成されています。

ステップは単純なのですが、二人で組んで踊ると楽しさがある半面、難しさも感じてしまいます。

これらのダンスを通して、徐々にリード&フォローを身に付けていきます。

目標はボールルームダンスです。

ボールルームダンス(スタンダード、ラテンアメリカン各5ダンス)

①キューバンルンバ

②チャチャチャ

③ワルツ

④タンゴ

⑤その他のダンス スローフォックストロット、クィックステップ、ウインナワルツ、サンバ、ジャイブ、パソドブレ 

一般的に人気があるのが、①~④のダンスで、広い年代層に支持されています。

本格的に競技ダンスとしてダンスを踊るときは10ダンスを踊ることになります。 

目標の設定

ダンスパーティーで踊られる、ジルバ、ブルース、ルンバ、チャチャチャ、ワルツ、タンゴを覚えるのが目標です。

その他のダンスはその後で良いでしょう。

踊れるようになる期間の目安

レッスンの頻度にもよりますが、半年から1年は頑張って下さい。

女性に関しては上手にリードしてくれる男性ならば早い時期に踊れる感覚になれるでしょう。

注意点

ステップを覚えることは大切ですが、それで踊れるようにはなりません。

このダンスには決まったステップ順というものがありませんので、男性のリードに従って踊ります。

従って男性はリードを、女性はフォローの仕方を覚えねばなりません。

どちらかというとその部分が大切で、時間も必要とします。

先ずは一緒に踊るという感覚を、パーティーダンスで身に付けて下さい。

ご注意

ページのTOPへ