トップページ > ダンスについて > キング・オブ・ダンス

キング・オブ・ダンス


image_pdfimage_print

 

 

 

 

色々のジャンルのダンスがありますが、私が携わっているダンス、ボールルームダンスは高いスキルが必要です。
 
それぞれのダンスで、一流と言われる様になるには、どれも高い技術が必要です。
 
フレッド・アステアやジーン・ケリーといった映画ダンサーは、タップダンスでした。
 
私の世代では、ジョン・トラボルタやマイケル・ジャクソンの踊りに魅せられました。
 
以後、ブレイクダンス、ロボットダンス、ヒップホップなど、多くのジャンルのダンスが生まれました。
 
どのダンスが一番優れているか、という問いには、誰もが自分が携わっているダンスを挙げるのではないでしょうか。
 
格闘技で一番強いのは?というのと同じで、ルールが違えば比較は出来ません。
 
ボールルームダンスは、男女で踊るカップルダンス、という、他にはない特徴を持つダンスです。
 
これが非常に難しくもあり、楽しいものでもあります
 
二人で踊る関係上、トリッキー、フリーな動きに制約があります。
 
しかし、そのハンディーを超える、一人では表現できない動きを創り出す事が出来ます。
 
そこはスポーツとしてではなく、芸術的な表現と位置付けたいです。
 
体の効く、トップクラスのダンサーでも、組んだ途端に勝手の違いを感じ、踊れなくなります。
 
このボールルームダンスは、ソロダンサー泣かせなのは間違いないです。
 
逆も真なり。
ご注意

ページのTOPへ