トップページ > ダンスについて > 最近のダンス事情

最近のダンス事情


image_pdfimage_print

私がダンスの世界に足を踏み入れたのは35年前。

実はこの時既に若者は社交ダンスから離れていました。

当時はディスコダンスが流行り、若者はそこでダンスを楽しみました。

社交ダンスの全盛は昭和30年代。50年以上前になります。

ダンスパーティーは男女の出遭いの場です。

その頃のダンスパーティーの会場は独身の若い男女で溢れていました。これが本来の姿です。

その頃の若者が、子育てを終えてダンスを再開したのが、私がダンスを始めた頃、第2次ダンスブームです。ただし、独身の男女ではありません。

男女の出逢い、というよりダンスを楽しみました。

サークルは大人数で、競い合ってダンスを習ったのではないでしょうか。

もっと上手に、とダンス教室にも生徒として流れて来ました。

そのダンスファンも今は80才になります。引退してしまうと、後継者がいません。

ダンスサークルは解散し、ダンス教室からは生徒がいなくなります。

このままダンスは無くなってしまうのか?とダンス関係者は心配しています。

今は、男女の出逢いの場は沢山あるので、若者がダンスで盛り上がる、というのは難しいでしょう。

けれども、女性が男性と同等に社会に進出し、女性の立場が変わってきました。

独立していますので、自由にダンスを楽しむ事が出来る環境が整いました。

ダンスの相手をしてくれる男性のいるお店で、ダンスを楽しむ、というダンスホールスタイルが流行りです。

第3次ブームとなるのか。

本来の社交ダンスの姿ではありませんが、女性が強くなった今時のダンス産業になるのも、我々の生き残りの方法かと思います。

ご注意

ページのTOPへ